スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--


忍者神話(?)と北欧神話の類似点をいち早く見つけた

ブラッドレー・ボンド と

忍者の脅威に警鐘を鳴らすアップルパイが大好きな

フィリップ・N・モーゼズ

がタッグを組んで生まれたアメコミならぬ

アメノベ(アメリカン・ライトノベルの略。今作った造語。ドヤァ)

ネオサイタマ炎上
ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上

を買ってみました。

ざっくり言うとマルノウチ・スゴイタカイビルで妻子をニンジャ(忍者)に殺された

サラリマン(サラリーマン)のフジキド・ケンジが

ニンジャスレイヤー(忍者)となって他のニンジャ(忍者)を倒すお話。

今読んでいる『フラクタルの女神』が

小難しい話(カオス理論がどーのこーの)な上に、この上なく辛気臭いので

一転アホっぽい気楽に読める小説を読みたいなーと思いこれにたどり着きました。


短編小説のように一話完結の話が複数ある小説で個人的には

人気投票でニンジャスレイヤーを抑えて1位になった

ヤモト・コキ

ヤモト・コキ


が登場するお話

『ラスト・ガール・スタンディング』が楽しみ。

それにしてもまぁナルトしかり

どーしてこうも欧米の人は忍者が好きなんでしょうね?

我々がハロウィンで盛り上がるのと同じ感覚でしょうかね?










スポンサーサイト
21
2014

Comment

Trackback

http://lynx02.blog41.fc2.com/tb.php/926-a53be97c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。