FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--


花粉症??


本当は昨日更新するつもりだったんですが

昨日、一昨日と原因不明の

ダルさと倦怠感に襲われ更新出来ませんでした。。。


熱っぽいのに熱は無い。

水やお茶を浴びるように飲んでも喉が異常に乾く。(喉が渇きすぎて喉が痛くなる)

子泣き爺でも背負ってんのかってくらい肩が重い。

視界がぼやける。または焦点が合いづらい。


最初は花粉症かとも思ったんですが

それにしては鼻づまりも鼻水も

目の痒み、睡眠障害等のその他諸々もない・・・

かといって風邪かと思えば

熱もない、喉の痛みもない、鼻づまりもない。

結局、今日起きてみたら結構元気になってたので(というかピンピンしていたw

普段どおりに仕事もして、更新することも出来ました。

う~~~~ん、結局なんだったのか??

         ____     ━┓
       / ―   \    ┏┛
     /ノ  ( ●)  \   ・
      | ( ●)   ⌒)   |
      |   (__ノ ̄   /
      |            /
     \_   ⊂ヽ∩\
       /´    (,_ \.\
         |  /     \_ノ


それとも最近流行りの

PM2.5とかPM0.5ってやつでしょうか??


どちらにせよ

早めに医者行った方が良さそうですね




ところで日本の高度経済成長期の公害問題では

今のようなPM2.5とか無かったんでしょうかね?

そもそもPM2.5や0.5って一体何で出来てるのかも

よー分からんw

















スポンサーサイト
28
2014

Comment

No Title

私の母が子供の頃、
ちょうど高度経済成長期だと思うのですが、
その当時は「光化学スモッグ警報」というものがございまして。

工場から出た健康に害がある化学物質が大気中に充満してくるので、
警報が発令されると教室の窓を閉めたりしていたそうです。

バブルとか公害とか。
中国は昔の日本と同じ道を辿っているようですね。
  • 2014⁄03⁄02(日)
  • 00:34

白隠さんへ

> 私の母が子供の頃、
> ちょうど高度経済成長期だと思うのですが、
> その当時は「光化学スモッグ警報」というものがございまして。

あーそういえば高度成長期の

公害問題でそんなのがありましたねー

随分前に勉強した記憶があるようなないような・・・w

> 工場から出た健康に害がある化学物質が大気中に充満してくるので、
> 警報が発令されると教室の窓を閉めたりしていたそうです。

そもそも警報があるって事もさる事ながら

教室の窓を閉めなければならないほどの化学物質ってのも

恐ろしいですね・・・

今となっては工場の煙突自体あまり見かけなくなりましたから

何だかとても不思議な感じですね・・・

> バブルとか公害とか。
> 中国は昔の日本と同じ道を辿っているようですね。

ですね。まんま昔の日本みたいですねw

ただ日本はその後今のように環境を気遣うようになれましたが

中国はどうでしょうね?

自分さえ良ければーなんて言わないか不安ですw

  • 2014⁄03⁄04(火)
  • 18:51

Trackback

http://lynx02.blog41.fc2.com/tb.php/859-a33994f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。