スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

製作過程


前の記事でモデリングペーストとジェッソ使いまんねん(´・ω・`)

と書いたらどういう用途なのか?という質問を頂いたので

ネタも無いので製作過程でも晒します(´・ω・`)



・大まかな作りを粘土で考える

・木の板と木の棒(大きさより一回り小さい)を合体させて←こんな感じのを作る

・棒に何重も縄を巻きつける

・縄に油粘土を擦り付けて大まかな形を作る

・細かいディテールを作る

・親父に怒られてプチ家出をする

・離型材を塗った後、石膏(顔料で色を付けたの)を満遍なく塗りたくる

・スタッフ(麻の繊維。石膏と混ぜる事で強度が増す)を混ぜた石膏でコーティング

・粘土をかき出す

・型の内側に石膏を塗り、スタッフ入り石膏で裏打ち

・型を丁寧に破壊して中身を取り出す

・バリなどを取り、紙やすりで表面を整える

・中腰の作業が続き腰を痛める

・ジェッソ&水入りのモデリングペーストで大きな傷を埋め、更に希釈したペーストをスプレーガンで塗装。

・カッチョ悪い梨地なので紙やすりでチマチマ削る ←イマココ!



ってな感じです。おおまかですが。

モデリングペースは本来(?)キャンバス上で凹凸を付けるための物らしいんですが

ジェッソと水を加えて立体に塗ると独特の滑らかさが出て良いです。




って













吉田式球体関節人形制作技法書

この本に書いてありました↑

ドールの製作過程の本でこのやり方が載ってました。

実際にはペーストに顔料のカーマインやらなんやらを混ぜたりして

人肌を再現してますが

今回私が作るのは白猫なので顔料ナシです。

でも確かに磨いた後の触り心地や質感は人肌に似てます。

たぶん・・・。きっと・・・・・。

顔料入れてないので印象でしかありませんがww


独特の質感は出ますが固まるのが遅く爪を立てた程度傷がつくのが難点ですねー・・・


あともう一踏ん張り!頑張ります










スポンサーサイト
15
2013

Comment

木と縄で心材ですか~。スケールでか!!w
そこまでの大きさになると表面処理だけで半端無い作業量でしょうね・・
頑張って完成させてください!!
自分も首筋痛めながらりんちゃん完成させたいと思います(;´∀`)

あとこの吉田式球体関節人形制作本自分も欲しいんですけど
結構なお値段なんですよね~。でも読んでみたいなぁ~~
  • 2013⁄05⁄16(木)
  • 04:36

貝さんへ

> 木と縄で心材ですか~。スケールでか!!w

家の中だと邪魔で邪魔で仕方ありませんww^^;

> そこまでの大きさになると表面処理だけで半端無い作業量でしょうね・・
> 頑張って完成させてください!!

削るだけでも重労働ですw

片手で持てないので自分が動かないとダメですし><;

挫けそうです(´;ω;`)

> 自分も首筋痛めながらりんちゃん完成させたいと思います(;´∀`)

痛めすぎないようにご自愛下さいね(`・ω・´)

お互い頑張りましょう!!(`・ω・´)

> あとこの吉田式球体関節人形制作本自分も欲しいんですけど
> 結構なお値段なんですよね~。でも読んでみたいなぁ~~

親父が買ってきたので値段を知りませんでしたが

この内容で2800円は安いと思いますよ

歯の作り方や義眼の作り方だけでも個人的には価値がありました

まぁでもリアル過ぎるのでドールを作る目的以外の参考にはなりにくいかもしれません(;^ω^)
  • 2013⁄05⁄18(土)
  • 15:54

Trackback

http://lynx02.blog41.fc2.com/tb.php/784-b5766b0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。