スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

第一話「クラタス強奪」


第一話「クラタス強奪」




















♪ガンダムーーーーーーー♪
















ガンダムッ!!!!!!!!












そんな事を思ったこの記事↓

こいつ、動くぞ!:
乗れちゃう4mロボット「クラタス」がワンフェス会場に立つ!! ~100万ドルで購入も~


クラタス
クラタス2
クラタス3


 クラタスの生みの親は、鍛冶師・造形作家(鉄鋼アーティスト)として知られる倉田光吾郎氏。実物大「スコープドッグ(TVアニメ『装甲騎兵ボトムズ(©サンライズ)』に登場する2足歩行ロボット)」の製作などでも話題となった人物だ。そんな彼が次に考えたのが、“実際に人間が搭乗し、操縦できるロボット”の製作である。

 これを実現すべく、倉田氏は「水道橋重工プロジェクト」を立ち上げ、2010年1月から構想・製作に着手。途中、ロボット操作用ソフトウェア「V-Sido(ブシドー)」の開発者である吉崎航氏の協力を得て、約2年半を費やし、実際に乗り込み、操縦できるロボットとしての完成度を高めていった。




熱意が…

熱意が凄い…!!

乗ってみたいなー(´・ω・`)

でもガンダムと大きく違うのは『足』

人間のようにスタスタ歩くのではなく、

車輪での走行という点。

やっぱりリアルでガンダムのあの動きは不可能なのかな??(´・ω・`)

でも人類の進歩は凄いですからね。期待したい。

せめて重鉄騎みたいなのは出来て欲しい。

重鉄騎

50年後くらいには普通に買えたりするのかな?w(゚∀゚)


ではまた明日!









スポンサーサイト
28
2012

Comment

Trackback

http://lynx02.blog41.fc2.com/tb.php/588-41b48090

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。