スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

こういう本は久しぶりです。


どんな綺麗な人でも、どんなにお金を持っている人でも

コンプレックスってあると思うんです。

私の場合は

『低学歴』です(中学もロクに学校も通わず高校もぜんっぜん行ってなかったですからね~。

すんごいコンプレックスです(だから私を罵る時は『低学歴』の所を突くと効果的ですよw

でも、そんな低学歴って

職人やアスリートの世界では結構当たり前だったりするワケですよ。

しかしアスリートの場合なら中卒でも高校中退でも

「凄い!」「偉い!」「素晴らしい!」と褒めたたえるのに(結果にもよるとは思いますが

金型を作る職人を目指すため中卒だったり高校中退したら

「せめて大学出ろよ…」「中卒のクセに」「頭悪いから職人になるんだろ?」

的な言葉を言う奴がいます。

職人なんて人生をかけてなるものです。

大学を卒業してからじゃ遅いんです。

おまけにどこまで世の中がITになろうと、

パソコンや車を作るための細かい部品を作るのは

中小企業で、その技術が日本を支えていると思うんです。

でも今の日本はそれを無視して「ITだITだ」と騒ぎ、中小企業の努力を無視している気がします。

そんな事を思っていたらこの間

某番組に出演していた

勝谷誠彦がこんな本を紹介していました。

1106016844.jpg

自分の宣伝かいwって思いましたが

勝谷の言っている事に共感できたので、

今度買ってみようと思います。

職人の事情と私のようなアーティスト志望の事情が合致しているとは限りません。

でもただ単に『大学へ行けばいい』という事に警鐘を鳴らす本としては

かなり興味はあります。

きっと私は「大学なんて別に行かなくていい!」って誰かに言ってほしいんでしょうねw

なっさけない話です。


ではまた明日!











スポンサーサイト
14
2011

Comment

たかじんさんのテレビで見ましたね、それ。

テレビ見ながら「そういえば山猫さんも中卒だったなぁ」と思っていました。


僕も別に、高校は義務教育ではないので必ずしも行く必要はないと思っていますし、大学ならなおさらだと思います。

それに昔ならいざ知らず、今のご時世大学を出たからといってその人が賢い人間であるとは限りません。

その点僕は、自分のやりたいことをやろうとしている山猫さんを尊敬しています。

大学で何も学べないのなら、大学に行かなくてもいいと思います。


で・す・が。


大学に行くことは間違っている、と思われては困ります。

大学というものは学術研究機関であって、最終的には研究を行う場です。

そこで得られた知識は私たちを支える技術となります。

下町の職人技術が機械を作るかもしれませんが、理論なくして宇宙に飛び立つことは難しいです。

職人の技術は何十年もかけないと習得できませんが、書物で勉強することは、先人が長年かけて見つけた最善の方法を習得できる近道となります。


それに勉強したい、と思うなら学校に行くことは悪くありません。

また、やりたいことが見つからない、と考えている人なら高校に行くべきだと考えます。

それは自分の世界を広げるという意味合いです。

例えば、英語を勉強しなくても生きていくことはできます。ですが、勉強することによって新しい世界を知ることにつながります。

でもまあ、勉強が嫌いな人に対して無理に勉強しろとはいいません。いやいやでやっても何も身に付かないからです。


最後に。


世間ではやはり「中卒」だと悪い印象を与えると思います。それは「タトゥー」に似ている部分もあると思います。

人間には先入観というものがあって、それは仕方ない部分もあると思います。ですが、その道を自ら望んで選んだのなら、覚悟を決めて立ち向かわないといけません。

間違っていると自分自身で思っているなら、他人の悪い認識はいつまで経っても払しょくできないでしょう。

ですが自分が正しいと思うなら、堂々と胸をはっていればいいのです。


……長々とすみません、色々思うことがあってまとまりが悪くなってしまいました。
  • 2011⁄12⁄15(木)
  • 03:16

Re: タイトルなし

> たかじんさんのテレビで見ましたね、それ。

お!見てましたか!私は途中で買い物に出かけたので

続きは録画を見ないといけないんですw

> テレビ見ながら「そういえば山猫さんも中卒だったなぁ」と思っていました。

覚えて下さっていたとはっ!

何か恥ずかしさ半分嬉しさ半分て感じですw

> 僕も別に、高校は義務教育ではないので必ずしも行く必要はないと思っていますし、大学ならなおさらだと思います。

そういう考え方の同年代がいて

すんっごい嬉しいです。

小学校時代の友人に「大学?いかねーよ」って言ったらどん引きされて以来

同年代の方には言い辛いんですよね~w

> それに昔ならいざ知らず、今のご時世大学を出たからといってその人が賢い人間であるとは限りません。

昔は大学に入るだけでエリート!って言われてましたからね。

今は大学すら「義務教育では?」って思ってしまうほど

良くも悪くも浸透していますね。

> その点僕は、自分のやりたいことをやろうとしている山猫さんを尊敬しています。

尊敬だなんてwよせやい照れるじゃねーか///w

それに白隠さんも色々やってみようと奮闘してらして

物を作る事しか能のない私とは違って

凄いな~といつも感心させられてます。

> 大学で何も学べないのなら、大学に行かなくてもいいと思います。

わーいw言ってもらえたーw

肯定してもらったよーいw

> で・す・が。

ご、ゴクリ……。

> 大学に行くことは間違っている、と思われては困ります。
> 大学というものは学術研究機関であって、最終的には研究を行う場です。
> そこで得られた知識は私たちを支える技術となります。
> 下町の職人技術が機械を作るかもしれませんが、理論なくして宇宙に飛び立つことは難しいです。

早稲田を卒業した何気に秀才君の母親ともそこで議論になりました。

結局どんな技術もよりよく使いこなせてくれて、

その技術を誰よりも理解してくれる

研究者あるいは知識をもった人がいなくてはならないんですよね。

大企業は中小企業が居なくては成り立ちませんが、

中小企業もまた大企業あっての事業、って事ですよね。

それを学ぶ場所としてはやっぱり大学は必要なんですよね。

> 職人の技術は何十年もかけないと習得できませんが、書物で勉強することは、先人が長年かけて見つけた最善の方法を習得できる近道となります。

本って凄いですね。

> それに勉強したい、と思うなら学校に行くことは悪くありません。
> また、やりたいことが見つからない、と考えている人なら高校に行くべきだと考えます。

『やりたい事を見つけるための場所』が学校ですか……。

> それは自分の世界を広げるという意味合いです。
> 例えば、英語を勉強しなくても生きていくことはできます。ですが、勉強することによって新しい世界を知ることにつながります。

確かに……。

何がきっかけになるかも分りませんしね。

> でもまあ、勉強が嫌いな人に対して無理に勉強しろとはいいません。いやいやでやっても何も身に付かないからです。

おっしゃる通りw

私もなかなか勉強が好きになれず、結局着いて行けませんでしたw

> 最後に。

はい…(; ・`ω・´)

> 世間ではやはり「中卒」だと悪い印象を与えると思います。それは「タトゥー」に似ている部分もあると思います。
> 人間には先入観というものがあって、それは仕方ない部分もあると思います。ですが、その道を自ら望んで選んだのなら、覚悟を決めて立ち向かわないといけません。

覚悟がないまま

なし崩し的にこんな風になっちゃいましたw

だからこそ、今大学に行かない事にコンプレックスを抱くんでしょうね~w

> 間違っていると自分自身で思っているなら、他人の悪い認識はいつまで経っても払しょくできないでしょう。

ぐっ……。

> ですが自分が正しいと思うなら、堂々と胸をはっていればいいのです。

ぐへー!

白隠さん痛い所突きすぎです……。

ホンット仰る通りで、

中卒でも偉い人は大勢いるんです。

だからそんな人のようになるんだ!と胸を張って主張すればいいんです。

でも根性ねーんですw

> ……長々とすみません、色々思うことがあってまとまりが悪くなってしまいました。

いえ、最後のは

「効果はバツグンだ!」です……。

うぅー……胸をはっていられるようになりてッス……。

  • 2011⁄12⁄15(木)
  • 20:44

Trackback

http://lynx02.blog41.fc2.com/tb.php/341-c2ab37fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。